なるべくコストをかけずにDMを印刷する方法

DMにはポストカード、A4サイズ、圧着はがきなど種類がたくさんあり、その種類により印刷する方法も様々です。個人宛や法人宛に送るDMは、インパクトや見やすさが必要となります。送る側の個性が光るものを作り、印象に残すことができると、DMを送った効果を得ることができます。またポストカードや圧着はがきは、手元に届いて何気なくすぐに見てもらえるメリットがありますが、A4サイズの用紙になりますと、封筒に入れて送ることになりますので、重要ではないと思われてしまうと、封を開けずにそのままにされてしまう恐れもあります。ただA4の場合ははがきサイズに比べて大きいですので、たくさん情報を載せたい場合や見やすさに関しては、大きなメリットとなります。このように、DMを印刷する場合、使用用途によって選択できる項目がいくつもありますので、うまく活用していきましょう。

安いだけが魅力だけではなく顧客からの反応が大切

DMを送る場合、やはり気になることは印刷する際の費用になるでしょう。少しでも安く抑えたいと思っても印刷業者も様々ありますので、どの業者に依頼をすればいいのか、悩みます。DMなどを主に取り扱っている業者もありますし、様々な印刷を行なっていて、その中にDMの印刷も請け負ってくれる印刷会社もあるでしょう。近くにそのような企業があれば、直接お願いすることもできますが、ほとんどの場合インターネットからの注文となります。制作したDMを、読んでもらえるように工夫が必要となりますので、安易に安くするだけではなんの効果も得ることができないでしょう。またDMを郵送するということは、相手の住所など情報を取得しているということなり、リピーターとなりますので、反応を期待することができますから、魅力あるものを作る必要があります。

抑えるところはしっかりと抑えて活用できる部分はしっかりと利用しよう

コストをかけずにDMを送るには何が一番必要でしょうか。印刷代を安くするために独自でデザインをして印刷をする方法もありますが、大量に制作をしなければいけない場合、人件費と労力を費やすこととなります。そのことを考えますと、専門の業者にお願いする方が適していると言えるでしょう。紙のサイズ、厚みを抑え、凝ったデザインにするのではなく、シンプルで見やすいことが一番コストをかけることなく制作できるのではないでしょうか。制作をしたDMがいかに顧客の気持ちを掴み、利益に繋がるかが大切です。そして、制作部数も多ければその分、割引されますので、1枚あたりの単価が安く抑えることができます。また出荷日までに余裕がありますと、その分お得になるプランもありますので余裕を持って注文をお願いするといいでしょう。