DM印刷のメリットとデメリットについて教えます

集客力をアップしたい、顧客にもっと商品について知ってほしい、購買意欲を高めたいと考えているのなら、DMを印刷して利用してみるのはどうでしょう。DMとはダイレクトメールの略で、郵便やメール便を使ってカタログや広告を直接消費者に送付することができるダイレクトマーケティングの手法です。DMと一言でいっても多くの種類があり、それぞれに特徴があります。では、DMの種類には、どのようなものが存在するでしょう。DMには郵便・メール・FAXの3種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。この中の郵便DMには、ハガキ・ポストカード・圧着ハガキ・封書など、どのような方法で送るかによって種類を分けることができます。郵便DMは他の2種類のDMと違い、カラフルで視覚的にも訴えることができるという特徴があります。

郵便DMを印刷するメリットとは?

いくつも種類がある郵便DMですが、郵便DMを印刷するメリットとはどのような点にあるのでしょう。郵便DMの中でもハガキやポストカードは、手軽に取り入れることができるDMです。2種類ともコストを抑えて送ることができるため、DMを初めて制作するという方も導入しやすいという利点があります。また、手に取るだけで情報が直接目に入るため、情報を知らせやすい点もメリットといえるでしょう。封書のDMのメリットには、多くの情報を載せることができ、顧客に多くの情報を知らせることができる点があります。チラシなどを封筒に入れて出すことで、ハガキタイプよりもカラフルにたくさんの情報を載せることができます。コストに余裕がある場合は、封書でDMを送ってみてもいいでしょう。最後に圧着ハガキには、ハガキよりも多くの情報を載せることができ、封書よりも顧客が読んでもらえる確率が高いメリットがあります。

郵便DMを印刷するデメリットとは?

手軽に顧客に情報を伝えることができるDMですが、DMを印刷するデメリットにはどのような点が挙げられるでしょう。ハガキやポストカードのDMの場合、安価で印刷をすることができるためコストを抑えることはできますが、記載する情報量が他のDMに比べて少なく、目立たせるためにもデザインに工夫が必要というデメリットがあります。封書タイプのDMは、ハガキやポストカードに比べると多くの情報を載せることができますが、コストかかってしまうデメリットがあります。また、ハガキなどと比べると、封書を開けてもらわなければならない点もデメリットといえるでしょう。最後に、圧着ハガキでのDMは、ハガキなどより情報を多く載せることができますが、コストがかかるデメリットがあります。どのタイプのDMを選ぶのかは、コストや伝えたい情報などをもとに決めていくといいでしょう。